ダム名 小向ダム(こむかいだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 三原川/三原川水系
所在地 千葉県安房郡和田町小向
着工年/完成年 1972年/1975年
用途 上水道用水
堤高 37.0m
堤長 106.0m
堤体積 54,000m3
総貯水量 950,000m3
有効貯水量 750,000m3
ダム湖名 小向貯水池
小向ダムは鴨川市の南、和田町に建設された上水道用水専用の重力式コンクリートダムです。堤体は小さいながら非常に迫力のあるデザインで、2門のローラーゲートとフロート式の表面取水設備などを備え、私が見た房総のダムの中では最もダムらしい外観と言えます。ローラーゲートながら支柱が堤頂部から極力はみ出さないようなデザインや、迫力ある導流部から減勢工までの構造など、ダムマニアの見どころは満載です。
貯水池の水は上流に石灰質の山でもあるのかダークグレイに濁っていて、一層無骨なダムっぽさを演出しています。付近には売店はおろかトイレや駐車場もなく(道が広く車は停められる)、ダンプカーが行き交う殺風景な場所です。ここが気に入るかどうかで極度のダムマニアと普通のダムファンに分かれるかも知れません。