ダム名 長柄ダム(ながらだむ)
ダム形式 アースダム
河川名/水系名 房総導水路/利根川水系
所在地 千葉県市原市犬成
着工年/完成年 1965年/1989年
用途 上水道用水/工業用水
堤高 52.0m
堤長 250.0m
堤体積 1,455,000m3
総貯水量 10,000,000m3
有効貯水量 9,600,000m3
ダム湖名 市津湖
長柄ダムは、市原の山倉ダムから房総半島内陸に6kmほど入った場所に建設された、日本最大級のアースダム(傾斜コア型)です。
このダムは、利根川から取水した水を導水管で房総半島に供給する房総導水路事業の一環として、導水の一時貯水、流量調整の目的で建設されました。同様のダムとしては導水路の上流に東金ダムが完成、下流に大多喜ダムが建設中です。大多喜ダムが完成すれば、利根川から南房総までが導水路で結ばれ、水の安定供給が難しい半島特有の問題解決に期待が持たれています。
水道専用ダムのため洪水吐は自然越流式のみで、水道用水は取水塔から下流に送られます。湖の周囲はフェンスで囲まれており、ボートや釣りなども禁止です。これだけの湖が利用されないのはもったいないような気もしますが、用途が水道用水なだけに仕方ないのでしょうか。