ダム名 白浜ダム(しらはまだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 馬喰川/長尾川水系
所在地 千葉県館山市畑字市郷
着工年/完成年 1963年/1966年
用途 上水道用水
堤高 18.5m
堤長 62.3m
堤体積 4,000m3
総貯水量 230,000m3
有効貯水量 207,000m3
ダム湖名 白浜貯水池
白浜ダムは房総半島最南端にあるダムで、海水浴場が有名な白浜町が上水道用水を確保する目的で建設されました。堤高18.5m、堤長62.3mという鋸南町の鋸山ダムに匹敵する極小ダムです。
海沿いを走る国道410号線から細い道に入り、延々と深い森の奥の奥に向かって走ると急に森が開け、小さな広場で道が終わっています。そしてその広場の先に白浜ダムが見えます。そのシチュエーションはかなり神秘的で、秘密のダムといった感じですが、後から考えると1人で行ったのは少し怖いような気もします。人里離れた山奥なので、私も撮影を終えると足早に引き返してきました。