ダム名 豊英ダム(とよふさだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 小糸川/小糸川水系
所在地 千葉県君津市豊英
着工年/完成年 1967年/1969年
用途 工業用水
堤高 38.0m
堤長 115.0m
堤体積 43,000m3
総貯水量 4,830,000m3
有効貯水量 4,200,000m3
ダム湖名 豊英湖
豊英ダムは、三島ダムのすぐ上流に位置する重力式コンクリートダムで、1967に千葉県が建設した工業用水専用ダムです。
堤体は小さいながらも立派な造りで、クレスト部分に自然越流式の洪水吐、下部にコンジットゲートと思われる放流管が見えます。堤体上は人も車も通ることができますが、渡りきったすぐ先で通行止めになっていました。ダム湖は満水状態で、少量の水が流れ出ていました。下流の三島湖と同じく平地のダムなので、尾根が入り組んだ複雑な形の湖です。