ダム名 山倉ダム(やまくらだむ)
ダム形式 アースダム
河川名/水系名 山倉川/養老川水系
所在地 千葉県市原市山倉
着工年/完成年 1959年/1964年
用途 工業用水
堤高 22.5m
堤長 300.0m
堤体積 426,000m3
総貯水量 4,500,000m3
有効貯水量 4,400,000m3
ダム湖名 山倉湖
京葉工業地帯の中核、市原市の中心部のすぐ近くに造られた山倉ダムは、巨大な工場群に水を安定供給するための工業用水専用ダムです。数多くある千葉県のダムの中でも古参の部類に入り、高度経済成長期真っ只中の1964年に完成、供用を開始しました。
千葉県の専用ダムの多くがそうであるように、この山倉ダムもアースダムで堤高も22.5mと小振りです。ただし堤長は300mもあり、湖をぐるっと取り囲むように設置されています。湖を1周してみましたが流れ込んでいる川は見当たらず、近くを流れている養老川から取水して貯めているのかも知れません。そのせいか洪水吐も非常に小規模なものしか確認できませんでした。工場群へは導水管等で送水されているものと思われます。
都市から近い場所ですが周囲は自然が豊富で、湖畔には「千葉県こどもの国」という遊園地があります。しかし湖の周囲はフェンスで囲まれており、水際へ降りることはできません。