ダム名 松瀬ダム(まつぜだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 矢部川/矢部川水系
所在地 福岡県八女郡黒木町字小詰
着工年/完成年 1959年/1963年
用途 発電
堤高 25.0m
堤長 70.5m
堤体積 14,000m3
総貯水量 506,000m3
有効貯水量 198,000m3
ダム湖名 松瀬貯水池
松瀬ダムは日向神ダムの1kmちょっと下流に設置されている、堤高25m、堤長70mという小型の発電専用ダムです。大きなダムのすぐ下流に設置された小さなダムというと、たいていの場合大きなダムに設置された発電所の放流水を逆調整するためのダムであることが多いので、はじめは日向神ダムに隣接する大渕発電所の逆調整用ダムなのかと思ったのですが、発電所で処理できる水量が松瀬ダムの木屋発電所と日向神ダムの大渕発電所ではちょっと差があり、逆調整の用途なのかどうかは分かりませんでした。ただ意外なことに、松瀬ダムは福岡県内で唯一の発電専用ダムであり、発電所を併設している多目的ダムもこのすぐ上流の日向神ダムだけのようです。
松瀬ダムの外観は超小型の取水用ダムといった感じで、中央部にクレストローラーゲートを2門装備、その両脇には自然越流式の洪水吐が設置されています。発電用の取水口は堤体の右岸側にあり、約8km下流の発電所まで導水管が伸びています。堤体上は一般道で、狭いながら自動車の通行も可能です。貯水池湖畔にはキャンプ場が隣接してありますが、上流の日向神ダム貯水池のように観光地化されておらず、おだやかな湖面とのどかな風景が広がっています。