ダム名 真野ダム(まのだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 真野川/真野川水系
所在地 島県相馬郡飯舘村大字大倉字松ヶ平
着工年/完成年 1971年/1991年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水/工業用水
堤高 69.0m
堤長 239.0m
堤体積 219,000m3
総貯水量 36,200,000m3
有効貯水量 34,800,000m3
ダム湖名 はやま湖
真野ダムは、福島県北東部に位置する飯舘村に端を発し太平洋に流れ出る真野川の中流域に福島県によって建設された多目的の重力式コンクリートダムで、1991年に完成しました。堤体は堤頂部に自然越流式の洪水吐がズラリと並ぶ、自治体が管理している中規模の重力式ダムによくあるタイプですが、その真ん中にラジアルゲートが1門設置されているのは珍しく、このダムの特徴として挙げられます。また、越流部のいちばん左岸側におそらく常時満水位に合わせたと思われる切り欠きがしてあり、あふれた水が流れ落ちていました。このような切り欠きは通常堤体の中心部に造られていることが多いので、これもちょっと珍しいポイントと言えそうです。
左岸側に建つ管理所付近には駐車場が設置されていて、堤体上は徒歩で通行することができます。通路は床面にカラフルなタイルが敷き詰められていたり、柵に地元の子供たちが書いた絵が埋め込まれていたり、かなりフレンドリーな雰囲気です。堤体の右岸側は少しだけ下流方向に曲げられています。そのまま徒歩で進んでいくと、門で閉ざされたトンネルに行き当たります。一瞬不気味な雰囲気ですが、実はすぐ隣を流れる河川から水を引いていて、その水路の上に造られた通路とトンネルのようで、恐らくメンテナンスに使用されていると思われます。