ダム名 只見ダム(ただみだむ)
ダム形式 センターコア型ロックフィルダム
河川名/水系名 只見川/阿賀野川水系
所在地 福島県南会津郡只見町大字只見
着工年/完成年 1981年/1989年
用途 発電
堤高 29.0m
堤長 582.5m
堤体積 400,000m3
総貯水量 4,500,000m3
有効貯水量 2,000,000m3
ダム湖名 只見湖
只見ダムは、上流から下流まで数多くの発電用ダムが連なる只見川で最も新しく、平成元年に完成しました。発電専用ダムとしては只見川で唯一のロックフィルダムで、ダムとしては大きくありませんが、発電所で使われているバルブ水車は同形式で世界一の出力です。
低く、横に長い堤体の下流側は緑で覆われていて、一見アースダムのように見えます。しかもフィルダムにも関わらず、洪水吐と発電所が堤体の中央に設置されていて他にない雰囲気を持っています。このあたりどのような構造になっているのか興味のあるところです。その洪水吐は非常用のローラーゲートが3門、発電所の取水口と放流口にもローラーゲートがそれぞれ2門ずつ装備されています。堤体上は一般道路になっているので、大型車でなければ自由に通行ができます。またダム直下の公園や左岸のでんぱつ展示館などには駐車場があるので車を停めておくことも可能です。また、ダムからは3km上流にある田子倉ダムも見ることができます。遠くに見える田子倉ダムはそれでも周囲を圧倒する大きさで、ここからの光景もお勧めです。ちなみに、このように大きな発電所のすぐ下流に造られたダムは逆調整池であったり、揚水発電の下部ダムであったりすることが多いのですが、只見ダムに関してはそのような資料を見つけることができませんでした。単純に只見川の発電ダム群のひとつ、と考えてよさそうです。