ダム名 玉野ダム(たまのだむ)
ダム形式 アースダム
河川名/水系名 宇多川/宇多川水系
所在地 福島県相馬市東玉野
着工年/完成年    年/1945年
用途 灌漑用水
堤高 18.2m
堤長 260.0m
堤体積     m3
総貯水量 1,520,000m3
有効貯水量 1,520,000m3
ダム湖名 玉野溜池
玉野ダムは福島県北部に位置する相馬市の丘陵地帯に設置されている農業用のアースダムで、ほとんどの地図には「玉野溜池」と記載されていることからも分かるように、インダストリアルな「ダム」というより、ナチュラルな「地元の水源」といった雰囲気です。ダムに続く道は右岸側と左岸側にあるのですが、右岸側は工場の敷地内のようで立ち入り辛く、左岸側は道路と堤体の間を洪水吐の水路が通っており、橋が架かっていないため堤体にたどり着くことができません。小さなアースダムにはよくあるパターンですが、土地を熟知している地元の方ならともかく、さすがに余所者にはいろいろな意味でハードルが高い物件です。
堤体は高さはないものの幅は約260mと広く、それによって形成される貯水池も奥行きが1kmほどありなかなか広大です。堤体付近の左岸側には小さな洪水吐があり、小さなスライドゲートが何門か設置されています。取材日は貯水量がかなり多く、ゲートが多少開けられているようで水が勢いよく流れ出していました。堤体の上流面はコンクリートで補強されているようです。
湖畔の道を通って貯水池の上流まで来ると周囲は湿地帯になっていて、様々な植物が生い茂っていました。溜池という人工物の副産物ではありますが、豊かな自然を感じられる気持ちのいい場所でした。