ダム名 朝日ダム(あさひだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 飛騨川/木曽川水系
所在地 岐阜県大野郡朝日村
着工年/完成年    年/1953年
用途 発電
堤高 87.0m
堤長 196.0m
堤体積 250,000m3
総貯水量 25,513,000m3
有効貯水量 22,513,000m3
ダム湖名 朝日貯水池
朝日ダムは、岐阜県北東部に位置する朝日村に建設された中部電力の発電専用ダムで、堤高87mの重力式コンクリートダムです。飛騨川エリアのダムの中では堤高、総貯水量ともに最上流に位置するエース、高根第一ダムに次いで2番目の大きさを持っていて、このダムが完成した昭和28年当時としては日本最大タイ(同1位は昭和13年完成の塚原ダム/宮崎県)という、今となってはあまり目立ちませんが、輝かしい過去を持っています。
堤体のデザインは、同時期に尾根を挟んだ隣に建設された秋神ダムをそのままひと回り大きくした感じで、非常用洪水吐としてクレスト部中央にラジアルゲートが2門備わっています。ダム直下には朝日発電所という、やけに元気の良さそうな名前の水力発電所が設置されています。この発電所で使われる朝日貯水池の水は、飛騨川の上流から流れてきた水のほか、秋神ダムで取水した水が導水管を通って流れ込んでいます。しかし、これだけの設備と名前を持ちながら発電所の最大出力は約2万kwと控え目です。
ここも堤頂部は立入禁止になっていて、道も細くあまり詳しく観察することはできませんでした。昔は国道だったダム沿いの細い道も土砂崩れなどで通行止めになることが多いらしく、その後下流と上流を繋ぐ整備されたバイパスが開通したため通る車もほとんどないようです。そのためか道は荒れ雑草も延び放題で、この一帯は完全に取り残された地域になってしまっています。老兵はただ去るのみ、とは言わず、ここは何とかもう一旗上げてもらいたいものです。