ダム名 久々野ダム(くぐのだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 飛騨川/木曽川水系
所在地 岐阜県大野郡朝日村
着工年/完成年    年/1962年
用途 発電
堤高 26.7m
堤長 72.2m
堤体積 17,000m3
総貯水量 1,247,000m3
有効貯水量 395,000m3
ダム湖名 久々野貯水池
木曽川支流の飛騨川に建設された久々野ダムは、中部電力久々野発電所の取水ダムとして、1962年に完成した小さな重力式コンクリートダムです。クレスト部、というか堤体には小さなダムと比較して非常に大きなラジアルゲートが装備され、まるで上流の朝日ダムや高根第二ダムのゲート回りだけ切り取って設置したかのような印象です。発電用の取水口は左岸側に設置され、約10km下流の久々野町に設置された久々野発電所へ水が運ばれます。
ひとけのない山中に存在するダムサイトはもちろん立入禁止で、無骨な金属やコンクリートの様々なパーツで構成された堤頂部はいかにも「男の仕事場」といった雰囲気を醸し出しています。ちょうど何か工事が行なわれていたようで、作業服にヘルメット姿の関係者の方々が忙しそうに立ち回っていました。
ダム沿いを走る道は旧国道らしく細く、下流にバイパスがあるため一般の観光者がこのダムを目撃することはほとんどないでしょう。しかしこういった小さなダムは、たとえ立入禁止でも、普段なかなか近づいて見ることのできないゲート設備などを間近で観察することができます。あなたがダム好きならば、きっと道の傍らに車を停めて、食い入るようにこのダムを見つめてしまうはずです。