ダム名 御母衣ダム(みぼろだむ)
ダム形式 傾斜コア型ロックフィルダム
河川名/水系名 庄川/庄川水系
所在地 岐阜県大野郡白川村平瀬
着工年/完成年 1957年/1960年
用途 発電
堤高 131.0m
堤長 405.0m
堤体積 7,950,000m3
総貯水量 365,780,000m3
有効貯水量 329,655,000m3
ダム湖名 御母衣湖
日本を代表するロックフィルダムのひとつである御母衣ダムは、関西方面への電力供給を目的として昭和32年に着工され、3年後の昭和35年に完成しました。堤高、堤体積、総貯水量のどれをとっても日本有数の規模で、圧倒的な迫力で眼前に迫ります。堤体は傾斜コア型のロックフィルダムで、左岸側に倒立ゲートを備えた自然越流式の非常用洪水吐と、巨大な発電用と思われる取水口が設置されています。発電所はダム直下約200mの地下に設けられていて、最大出力21.5万kwの発電能力を持っています。
堤体付近には割と大きな駐車場があり、堤頂部も半分くらいは解放されているので、ダイナミックな堤体と湖、そして下流の光景をゆっくり眺めることができます。ただしここに売店やトイレなどはなく、ダムサイトは少し寂しささえも感じるような場所です。ダムのすぐ下流に「MIBOROダムサイドパーク」という真新しい展示施設があるので、併せて見学すれば御母衣ダムをはじめとする庄川ダム群に関する様々な情報が得られます。
御母衣湖はダム湖として国内4位の貯水容量というデータが示す通り、果てしなく広大な湖面が広がっています。その湖畔には水没地区から移設された樹齢450年の荘川桜と呼ばれる桜の大木が植えられ、おだやかな湖面を見守っています。