ダム名 高根第二ダム(たかねだいにだむ)
ダム形式 中空重力式コンクリートダム
河川名/水系名 飛騨川/木曽川水系
所在地 岐阜県大野郡高根村
着工年/完成年    年/1968年
用途 発電
堤高 69.0m
堤長 232.0m
堤体積 168,000m3
総貯水量 12,500,000m3
有効貯水量 6,000,000m3
ダム湖名 高根第二貯水池
高根第一ダムから数キロ下った場所に設置されている高根第二ダムは、中部電力高根第一揚水発電所の下部ダムとして建設された発電専用ダムです。揚水発電のほか、このダムで取水した水をさらに下流の高根第二発電所にも送っています。
堤体は中部電力に比較的多い中空重力式ダムで、外観は普通の重力式コンクリートのように見えますが、内部にはいくつかのブロックに分かれた空洞が存在し、建設時に使われるコンクリート量を節約しています。放流設備はクレスト部に2門装備されたラジアルゲートしか確認することはできませんでしたが、堤体の中心よりやや右岸側に2つの怪しい出っ張りがあり、この下にも放流ゲートが設置されているのかも知れません。そのほかの特徴としては、クレストゲートからの導流部がかなり高い位置でジャンプ台になっているのと、堤体の左岸側が若干曲げられているのが目につきます。
他の多くの発電専用ダムがそうであるように、このダムも堤頂部は立入禁止になっています。国道沿いのダムの入り口は固く閉ざされ、周辺も金網で覆われていました。管理上の問題もあるのでしょうが、いつも残念に思います。