ダム名 藤原ダム(ふじわらだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 利根川/利根川水系
所在地 群馬県利根郡水上町大字藤原字大倉
着工年/完成年 1951年/1957年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/発電
堤高 95.0m
堤長 230.0m
堤体積 415,000m3
総貯水量 52,490,000m3
有効貯水量 35,890,000m3
ダム湖名 藤原湖
利根川上流の大ダム群の中で最も下流に位置する藤原ダムは、上流の須田貝ダムに続いて1957年に完成した重力式コンクリートダムです。
堤体はほぼ左右対称をしており、3枚の巨大なローラーゲートを持つ非常用洪水吐、選択取水設備、直線的な導流部、ダム直下の発電所と、「日本の重力式コンクリートダムの標準型」とでも言えそうなデザインです。また、山の向こうの玉原ダムとの間では揚水発電も行なわれています。
堤体の上は道路も通っていて、通過する際に車を止め、ダムから下を覗き込む人の姿をちらほら見かけました。大きくはありませんが駐車場もあるので、ゆっくり見学することも可能です。
2000年秋に取材した時は30%前後だった貯水率も、5月には雪解け水で100%に達し、豪快な放流を見ることができました。