ダム名 霧積ダム(きりづみだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 霧積川/利根川水系
所在地 群馬県碓氷郡松井田町大字坂本
着工年/完成年 1970年/1975年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水
堤高 59.5m
堤長 305.0m
堤体積 195,000m3
総貯水量 2,500,000m3
有効貯水量 2,100,000m3
ダム湖名 霧積湖
霧積ダムは、東京と長野を結ぶ中山道最大の難所と言われている碓氷峠の近くに群馬県が初めて建設した重力式コンクリートダムで、主に洪水調節の目的で1975年に完成しました。
堤高は約60mと目立って高くありませんが、比較して堤頂が300mもあり、下流側からの眺めはなかなかの迫力です。地形に合わせてか中央付近で軽く折り目がつけられアクセントになっています。放流設備は中心の折り目より右岸側に設置され、自然越流式の非常用洪水吐が2つ口を開け、その間に常用洪水吐のオリフィスラジアルゲートが1門、そのほかに表面取水設備の多段式ゲートや利水放流設備のホロージェットバルブも装備しています。取材日はこのバルブから勢いよく放流されていました。堤頂部はいちおう車も走ることのできる一般道になっていますが、特に駐車場などは用意されていません。案内板も簡素なもので、それほど見学者を意識はしていないような印象です。
付近は歴史的な鉄道遺産が多い場所で、ダムまでの道のりも、廃止になったにも関わらず今にも列車が走ってきそうな信越線の線路と並走する場所があります。また程近い横川駅には使われなくなった鉄道施設や列車などが展示されている施設もあります。いつかはそちらの探索を中心にこの周囲を回ってみるのもいいかな、とも思います。
そうそう、せっかくここまで来たら有名な釜めしも忘れずに。