ダム名 黒坂石ダム(くろさかいしだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 黒坂石川/利根川水系
所在地 群馬県勢多郡東村大字沢入
着工年/完成年 1978年/1980年
用途 発電
堤高 24.0m
堤長 72.0m
堤体積 17,000m3
総貯水量 117,000m3
有効貯水量 90,000m3
ダム湖名 黒坂石貯水池
黒坂石ダムは、草木ダムのすぐ上流に流れ込む渡良瀬川の支流、黒坂石川に建設された発電専用ダムです。
砂防ダムにローラーゲートが1門設置されたようなシンプルな構造の堤体で、同じ渡良瀬川支流の庚申川にある庚申ダム(栃木県)と非常に似た印象です。堤体の奥には発電所用の取水口が見えます。ここで取水された水は導水管を通って草木湖近くの沢入(そおり)発電所へ送られ、その後草木湖へ放流されているようです。導水管が沢入発電所の直前で大きく落下しているのを草木湖の湖岸道路から見ることができます。また、貯水池には黒坂石川のほか、渡良瀬川上流で取水され導水管で送られてきた水も流れ込んでいます。
ほとんど地図にも載っていないダムですが、ダム好きなら草木ダムまで来たついでにちょっと足を伸ばして、こういった小さなダムを見てみるのも悪くないと思います。