ダム名 中木ダム(なかきだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 中木川/利根川水系
所在地 群馬県碓氷郡松井田町大字五料
着工年/完成年 1951年/1959年
用途 上水道用水
堤高 41.0m
堤長 147.0m
堤体積 61,000m3
総貯水量 1,600,000m3
有効貯水量 1,350,000m3
ダム湖名 妙義湖
中木ダムは群馬県の西部、松井田町に建設された上水道用水専用、堤高41mの重力式コンクリートダムです。付近には、昔なら碓氷峠を登るために機関車の増結が行なわれていた信越線の横川駅や有名な釜めし弁当のドライブイン、険しい山並みが印象的な妙義山などがあります。
堤体はオーソドックスな重力式コンクリートダムのデザインで、クレスト部に3門のローラーゲートを持つ非常用洪水吐が設置され、また堤体下部には利水放流用と思われる放流口があります。取材日はちょうどここから勢いよく放水されていました。堤頂部は左岸側が少しだけ解放されているものの途中に柵があり、一般人がゲート付近に立ち入ることはできないようになっています。湖岸や堤体脇など、上部からダムを観察できる場所は多くありませんが、珍しくダムの直下に橋が架かっているので、そこに立てばダムを正面から眺めることができます。小さいダムながら、放流の水しぶきがかかってきそうな迫力のある光景です。
ダム湖である妙義湖ではボートの貸し出しを行なっているほか、釣り場としても人を集めているようです。