ダム名 中之条ダム(なかのじょうだむ)
ダム形式 アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名 四万川/利根川水系
所在地 群馬県吾妻郡中之条町
着工年/完成年    年/1960年
用途 洪水調節、防災/灌漑用水/発電
堤高 42.0m
堤長 118.2m
堤体積 19,000m3
総貯水量 1,180,000m3
有効貯水量 250,000m3
ダム湖名 四万湖
群馬県が昭和35年に完成させた中之条ダムは、古くから湯治場として知られる四万温泉の下流の四万川に設置された、堤高42mという小型のアーチダムです。その用途は資料などを見ると発電専用となっていますが、現地の案内板には洪水調節、灌漑用水の確保、発電、そして砂防の役割もあると書かれており、ここでもそれに従って多目的ダムとしています。
堤体はクレスト部に5門のローラーゲートを備えていて、決して大きくはないながら立派なシルエットです。堤頂部は非常に細い道ですが、なんと小型車なら通行できるようです。もちろん歩いて渡ることもできます。発電用取水口はダム湖左岸に設置され、約3km下流の中之条発電所に送水されているほか、小型のダム式発電所も設置されているようです。発電用水は四万川の上流からだけでなく、付近を流れるいくつかの河川からも取水され、四万湖に流れ込んでいます。そこで四万川の隣を流れる反下川を見に行ったところ、非常に小さくてかわいいアーチ式の取水堰を見つけることができました。