ダム名 神水ダム(しんすいだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 神流川/利根川水系
所在地 群馬県多野郡鬼石町
着工年/完成年    年/1967年
用途 発電
堤高 20.5m
堤長 130.5m
堤体積 19,000m3
総貯水量  
有効貯水量 200,000m3
ダム湖名 神水湖
神水ダムは、下久保ダムの下流約5kmに位置する発電専用ダムで、5門のローラーゲートが神流川の水をせき止めています。現地の案内板には神水ダムと書かれていましたが、「日本ダム協会/ダム年鑑2000」では「鬼石(おにし)ダム」となっていました。
下久保ダムに向かう国道462号線沿いで、鬼石の町を過ぎてすぐの場所に設置されています。堤体は他の発電専用ダムと大差ありませんが、地形の関係かローラーゲートは高さが低く抑えられています。またゲートはフラップのような形状をしていて、上を越流させることができるのかも知れません。取材日は左岸側のゲートが1門開けられていて、轟音とともに水が流されていました。