ダム名 塩沢ダム(しおざわだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 塩沢川/利根川水系
所在地 群馬県多野郡万場町大字塩沢
着工年/完成年    年/1996年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水
堤高 38.0m
堤長 157.0m
堤体積 66,600m3
総貯水量 303,000m3
有効貯水量 280,000m3
ダム湖名 蛇神湖
下久保ダムの上流、万場町で神流川に合流している塩沢川に建設された塩沢ダムは、万場町を洪水から守り、また上水道用水を確保する目的で1996年に完成した小さな重力式コンクリートダムです。
堤体はクレスト部に自然越流式洪水吐が設置され、中央部にはオリフィスゲートを1門装備、その隣にクレスト部とは高さの違う自然越流式洪水吐を備えています。おそらく洪水時は2種類の洪水吐で自然調節を行なうものと考えられます。最近建設された小型のダムではよく見られる構造です。
付近にはダム管理所とトイレ以外何もありませんが、ダムの周辺は遊歩道やベンチなども設置されていて、ドライブの途中に立ち寄って休憩する穴場的な場所と言えそうです。ダム湖の蛇神湖はとても小さく、徒歩でも1周できそうな規模です。上流端には巨大な砂防ダムが設置されているので、ダムマニアの方はそちらも要チェックです。