ダム名 白砂川ダム(しらすながわだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 白砂川/利根川水系
所在地 群馬県吾妻郡六合村
着工年/完成年 1935年/1940年
用途 発電
堤高 26.8m
堤長 37.7m
堤体積 11,000m3
総貯水量 630,000m3
有効貯水量 97,000m3
ダム湖名 白砂川貯水池
大平洋戦争開戦前の1940年に、東京電力の前身のひとつである群馬水電によって造られた白砂川ダムは、直線距離で約10km下流にある吾妻町の川中発電所に水を送る取水ダムです。貯水池には白砂川だけでなく、隣を流れる長笹沢川に設けられた取水堰からの水、そして上流に設置された東京電力の矢倉発電所の放流水も貯められ、左岸側にある取水口から長いトンネルを経て発電所に流れ込みます。水力発電所の規模については詳しくありませんが、戦前の設備でこんな山奥に10kmもの導水管、250mもの落差の発電所というのは、かなり大がかりなものと言えるのではないでしょうか。これはあくまで推測ですが、白砂川はこの下流で強酸性の湯川が合流して当時は発電用水として使えなかったため、そこを迂回する形でダムと導水管が設置されたのかも知れません。
ダムの下流側には道がないようで近づくことができず、上流側の道路脇から辛うじて見ることができます。堤体はクレストラジアルゲートが2門設置されていて、左岸側に取水口があります。右岸側には長笹沢川からの水が流れ込む水路が口を開けています。永年の風雪に耐えてきたダムは全体的にかなり年季が入っていて、小さな貯水池も堆砂が進んでいるようです。この貯水池には野反湖に向かう国道405号線の黄色い鉄橋が架かりアクセントになっています。