ダム名 薗原ダム(そのはらだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 片品川/利根川水系
所在地 群馬県利根郡利根村大字穴原字大平
着工年/完成年 1958年/1965年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/発電
堤高 76.5m
堤長 127.6m
堤体積 173,000m3
総貯水量 20,310,000m3
有効貯水量 14,140,000m3
ダム湖名 薗原湖
薗原ダムは、利根川支流の片品川に建設された、洪水調節と不特定用水などの目的をもつ中規模の重力式コンクリートダムです。
堤体はクレスト部に4門のラジアルゲートを備え、下部には発電所と思われる3つの放流口が設置されています。クレストゲートからの導流部は発電所の上でジャンプ台のような形状をしています。
堤体上は一般道が通っていて自由に通行することができますが、ダムには駐車場や展望スペースは備わっておらず、周囲の道も細いので車を停めて見学するには多少不自由です。このダムから上流に行くと、吹割の滝や尾瀬など有名な観光地がたくさんあります。しかしここは国道からも外れているので訪れる人は少なめだと思われます。