ダム名 湯田ダム(ゆだだむ)
ダム形式 重力式アーチダム
河川名/水系名 和賀川/北上川水系
所在地 岩手県和賀郡湯田町大荒沢
着工年/完成年 1953年/1964年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/発電
堤高 89.5m
堤長 265.0m
堤体積 379,000m3
総貯水量 114,160,000m3
有効貯水量 93,710,000m3
ダム湖名 錦秋湖
岩手県を縦断して大平洋に流れ出る北上川の支流、和賀川に建設された湯田ダムは、下流の扇状地を洪水や渇水の被害から守る多目的ダムです。その形式は全国でも珍しい重力式アーチダムで、重力式コンクリートダムとアーチ式コンクリートダムの両方の特性を兼ね備えています。
堤体の外観はまさに重力式ダムとアーチ式ダムの合の子といった感じで、ダイナミックなアーチを有しながら下に行くにつれて肉厚になるという、独特のすり鉢状をしています。また堤体中央部のエレベーターから左右非対称の複雑なデザインで、右岸側に6門のラジアルゲートを備える非常用洪水吐、左岸側下部に常用洪水吐としてコンジットゲートを装備しています。非常用洪水吐からの導流部は途中でジャンプ台になっています。
この湯田ダムを含め、岩手県内の北上川流域に建設された石淵、田瀬、四十四田、御所の各ダムは「北上川五大ダム」と呼ばれ、洪水調節や渇水対策などが総合的な管理の下で行なわれています。
初めてこのダムの写真を見た時に一目惚れしてしまい、どうしても行きたいダムだったのですが、実物は写真以上の迫力で迎えてくれ、どっしりとした貫禄を感じました。取材当日は霧がかった悪天候でしたが、それがこのダムの持つ独特の雰囲気を一層醸し出していたような気もします。遠い場所ですが、ぜひまた行きたいダムです。