ダム名 本沢ダム(ほんざわだむ)
ダム形式 センターコア型ロックフィルダム
河川名/水系名 境川/境川水系
所在地 神奈川県津久井郡城山町
着工年/完成年    年/1965年
用途 発電
堤高 73.0m
堤長 234.0m
堤体積 1,852,000m3
総貯水量 4,740,000m3
有効貯水量 3,825,000m3
ダム湖名 城山湖(本沢調整池)
本沢ダムは津久井湖の北、東京都との境に近い山の中にあるロックフィルダムですが、このダムには流れ込む川がありません。ではどうしてどうやってこんな山の中に水を貯めているのでしょうか。実は本沢ダムの本当の正体は津久井湖の揚水発電所なのです。
揚水発電所とは、夜間の余剰電力を利用して水を高いところ(上池)へ汲み上げ、昼間の電力消費のピーク時に下(下池)に流すことによって効率良く発電する施設です。電気は貯めることができないのでこのような方法が採られていて、揚水発電所は他にも何箇所か存在します。ここの場合、下池にあたるのが城山ダムの津久井湖で、その落差153mを利用して発電しています。つまりこの城山湖は1日中水位が変わり、その高低差は25mにもなります。
本沢ダムにも洪水吐はありますが、用途が用途ですのでほとんど使われることはないのだろうと思います。導流部には草も生えていますし、その先は森の中といった感じでした。ダムの周囲は公園になっていて、展望台や駐車場もあります。また湖を周回できる遊歩道(夜間は閉鎖)もあり、散歩のおじいさんやジョギングしている人が多くいました。