ダム名 綾北ダム(あやきただむ)
ダム形式 アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名 綾北川/大淀川水系
所在地 宮崎県西諸県郡須木村柚園
着工年/完成年 1956年/1960年
用途 洪水調節、防災/発電
堤高 75.3m
堤長 190.3m
堤体積 75,000m3
総貯水量 21,300,000m3
有効貯水量 18,800,000m3
ダム湖名 綾北貯水池
綾北ダムは、宮崎県が建設した治水と発電の用途を持つ堤高約75mのアーチダムで、すぐ南にある綾南ダム、下流の古賀根橋ダムなどと同時期に開発され、昭和35年に完成しました。発電用に取水された水は綾南ダムと同じく、下流の綾第一発電所に送られています。堤体のデザインはほぼ左右対称で、クレスト部中央に自然越流式の非常用洪水吐、堤体中ほどの左右にそれぞれ1門ずつ、コンジットラジアルゲートを持つ常用洪水吐を備えています。
と、ここまでは事前に調べたデータや写真から読み取った綾北ダムの概要ですが、実は取材日は道が通行止めでたどり着けなかったため、これ以上の情報やダムの写真を得ることはできませんでした。ダムまでの道は県道ですが荒れていて、土砂崩れの補修跡や工事中の箇所もあちこちにあります。古賀根橋ダムの上流は道の状態が特に酷く、綾第一発電所を過ぎて綾北ダムまであと1kmほどのところでとうとう通行止めになってしまいました。
と、いうわけで残念ながら綾北ダムの写真はありません。このサイトのポリシーとして、本来は写真が不十分なダムは掲載しないのですが、あまりの道の面白さを載せたくて綾北ダムとして追加してしまいました。そこで右の写真ページの方は、私が個人的に好きだった、今はなき名サイト「県道会」さんのノリでお送りします。