ダム名 上椎葉ダム(かみしいばだむ)
ダム形式 アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名 耳川/耳川水系
所在地 宮崎県東臼杵郡椎葉村大字下福良
着工年/完成年 1950年/1955年
用途 発電
堤高 110.0m
堤長 341.0m
堤体積 390,000m3
総貯水量 91,550,000m3
有効貯水量 76,000,000m3
ダム湖名 日向椎葉湖
上椎葉ダムは日本で最初に堤高100mを超えたダムで、九州電力による耳川開発の中心プロジェクトとして昭和30年に完成しました。文献等によっては「日本初のアーチダム」と紹介されているものも多いですが、完成したのは国内2番目で、最初に完成したのは前年に島根県に造られた三成ダム(堤高36m)です。建設工事が始まったのは上椎葉ダムの方が先なので、どちらを「日本初」とするかは議論の分かれるところでしょう。
ダムのある椎葉村は、耳川のダム工事によって道が開かれた非常に山深い場所で、そんな村の中心部を少し過ぎたところに上椎葉ダムがそびえ建っています。堤体は両岸に非常用洪水吐のクレストゲートを備え、そこからスキージャンプ式の導流部が伸びるという、同時期に造られていた三成ダムと規模は違うものの非常によく似たシルエットです。堤頂部から下を覗くとわずかにオーバーハングしているのが確認でき、ドーム型の要素も若干取り入れられているような気がします。デザイン的な完成度の高さは一ツ瀬ダムにも受け継がれていることを見れば明らかで、日本で初めて造られたとは思えないほどです。歴史的に貴重なダムながら見学者用の設備は簡素な案内板のみと寂しいですが、堤頂部は解放されておりクルマで通行することもできます。日本のハイダム開発の幕をあけた記念碑的なダムとして、ここは必ず訪れておきたいところです。