右岸側から見た上椎葉ダム
日本初の100mオーバーダムが見れて感慨深い

左岸側から見た堤体
後輩の一ツ瀬ダムにも受け継がれた洪水吐とスキージャンプ

堤頂部の道路は自動車も通行可能
ゲートの部分がクランクになっているので要注意

堤頂部から見た下流方向
まさに秘境と呼べる山深い里

少し下にパン
放流時にここから眺めたいなあ

中央部に洪水吐はないので元河道は緑化
気持ちオーバーハングしてると思うのだが

非常用洪水吐のラジアルゲート
電力会社は本当にラジアルゲート好きだなあ

ゲートから出た水は一旦ジャンプ
さらにスロープを下ってもう一度ジャンプ

上流側から見た堤体
ゲート部分もアーチにする技術は未確立だったのか

堤体上から見た日向椎葉湖
九州では3番目の貯水量