ダム名 川原ダム(かわばるだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 小丸川/小丸川水系
所在地 宮崎県児湯郡木城町大字石河内
着工年/完成年 1938年/1940年
用途 発電
堤高 19.2m
堤長 171.5m
堤体積 34,000m3
総貯水量 3,220,000m3
有効貯水量 1,200,000m3
ダム湖名 川原貯水池
宮崎県の中部、一ツ瀬川のすぐ北隣を流れる渓谷が有名な小丸川を遡ると、巨大な堤防が一直線に川を堰き止めている光景が目に飛び込んできます。川幅いっぱいに広がる越流部以外は他に何も設備が見当たらず、一見すると大きな砂防ダムか頭首工のように見えますが、れっきとした九州電力の発電用ダムで、堤高は約20mあります。取水された水は導水トンネルを通って、直線距離で約5km下流の川原発電所に送られています。地図上では設置場所の地名をとって浜口ダム、と記載されているものが多いようですが、発電専用ダムはダムの場所ではなく発電所と同じ所在地名をつけられていることが多く、ここも実際には少し下流にある川原という名がつけられています。何となく、発電所と取水ダムの主従関係が垣間見られるような気がします。
実は、小丸川流域に関しては事前調査をまったくしないで出かけたため、実物を見てもまさかこれがダムだとは思わず、「ま、大きな堰だから撮っとくか・・・」程度の撮影しかしなかったので、細かい部分はまったく見てきませんでした(少し上流の戸崎ダムも同様)。手持ちの地図の記載が「浜口ダム」になっていてダム年鑑にその名がなかったから、と言い訳させてください。
付近は山間部と丘陵地帯の境目といった感じの所で、小さな集落が点在するのどかな農村風景が広がっています。ダムのすぐ手前の道には「友情トンネル」という奇妙なネーミングのトンネルがあります。由来は不明ですが、ダム近くにある、かつて武者小路実篤が開いたという農業中心の共同生活スペース「新しき村」と関係があるのかも知れません。