ダム名 宮の元ダム(みやのもとだむ)
ダム形式 アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名 七ツ山川/耳川水系
所在地 宮崎県東臼杵郡諸塚村大字七ツ山
着工年/完成年 1958年/1960年
用途 発電
堤高 18.5m
堤長 87.4m
堤体積 4,000m3
総貯水量 141,000m3
有効貯水量 62,000m3
ダム湖名 宮の元貯水池
日本最小のアーチダムとして知られる宮の元ダムは、耳川支流の七ツ山川に設置されている九州電力の発電専用ダムです。その堤体のルックスは、一部に熱狂的なファンを持つほどの可愛らしさに満ちあふれていて、狭い道を苦労して登ってきたことも忘れるくらいの衝撃を受けます。カーブを曲がると目に飛び込んでくる小さな純白のアーチに、誰しもが口元を緩めてしまうはずです。堤体はほとんど越流部といった感じで、左岸側に取水口がある以外はゲート類の設備はありません。貯水池はかなり土砂が堆積していて水深も浅く、底まで見透かすことができます。一見すると砂防ダムと見紛うかも知れません。
用途は発電用ですが、このダムで取水された水が直接発電所に流れ込むワケではなく、約3kmの導水管を通って諸塚ダムに送られています。諸塚発電所は混合揚水とはいえダムの貯水容量も流量もそれほど多くないので、宮の元ダムのサポートを受けて発電量を確保しているものと思われます。ちなみにこの宮の元ダムにも、隣の川内川に設置された山瀬ダム(取水堰)から水が送られています。つまり、ホスト(諸塚ダム)にハマった女(宮の元ダム)に貢ぐ男(山瀬取水堰)といったような相関関係が成り立ちます。
見た目はカワイイのですが諸塚ダムと同じく昭和35年生まれ、越流部以外のコンクリート部分は年季が入って黒ずんでいることを考えると、このダムの顔である越流部だけは整形改修工事が行なわれたものと思われます。宮の元ダムの本当の姿を知っているのは、一途にサポートを続ける山瀬取水堰だけなのかも知れません。