ダム名 諸塚ダム(もろづかだむ)
ダム形式 中空重力式コンクリートダム
河川名/水系名 柳原川/耳川水系
所在地 宮崎県東臼杵郡諸塚村大字家代
着工年/完成年 1958年/1960年
用途 発電
堤高 59.0m
堤長 149.5m
堤体積 94,000m3
総貯水量 3,484,000m3
有効貯水量 1,260,000m3
ダム湖名 諸塚貯水池
椎葉村から流れ出て日向灘に注いでいる耳川には、上椎葉ダムをはじめとして多くの発電用ダムが設置されていますが、耳川に合流する支流にもところどころに発電用のダムや堰が造られています。山須原ダムの上流で合流する柳原川に設置された諸塚ダムは、九州初の揚水発電所として建設された諸塚発電所の上部ダムで、その形式も九州では唯一の中空重力式コンクリートダムという、「なぜここにこんなダムが・・・」といったような、知る人ぞ知るかなりレアなダムと言えます。ちなみに下部ダムにあたるのは耳川本流の山須原ダムです。
堤高は59mでまずまずの大きさを持っているのですが、放流設備がクレスト部のラジアルゲート1門のみと非常にシンプルなためか、間近で観察してもスペックよりはコンパクトに見えます。デザイン的には、ゲートのハウジングの下流側が導流壁や堤体下流面と同じ角度にカットされていて、かなりキュートな印象です。また、堤体下流面には中空重力式最大の特徴である「タコ足」と呼ばれる形状を生み出すスリットが何本も見えます。通常上流面にはよく見られるのですが、下流面にタコ足が見られるのは非常に珍しいです。
ダムサイトは耳川の合流地点から6kmほど上流の山の中で、最寄りの集落からもだいぶ離れていますが、堤体のすぐ下流側にぽつんと民家が建っています。ひょっとするとこのダムの管理をしている方の住居かも知れません。夜は寂しそうな場所ですが、ちょっと羨ましい住まいです。