ダム名 大内原ダム(おおうちばるだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 耳川/耳川水系
所在地 宮崎県東臼杵郡西郷村大字田代
着工年/完成年 1954年/1956年
用途 発電
堤高 25.5m
堤長 152.6m
堤体積 35,000m3
総貯水量 7,488,000m3
有効貯水量 1,239,000m3
ダム湖名 大内原貯水池
九州一の秘境、椎葉村に端を発し日向灘に流れ出る耳川は、その豊富な水量を生かして古くから発電用に開発され、支流も含めて数多くのダムや発電所が造られました。大内原ダムはその中で最下流に位置し、東郷村と西郷村の境で、まさに「郷」とでもいうべき場所にあります。
ダムの外観は、平野部の取水ダムによくある巨大なゲートが堤体の大部分を占めているタイプで、6門のローラーゲートを備えています。ゲートを支える擁壁の上部に作業用の通路が通っているのですが、その小さなトラスの部分がいっちょまえにアーチ状をしていて、外観上で大きなアクセントになっています。通路は擁壁の中程にももう一本通っていますが、どちらも立入禁止になっていました。
取水された水が送られる大内原発電所は、ダム直下の右岸側に設置されているダム式発電所ですが、あまり接近できないのとダムに見とれていたために完全にスルーしてしまいました。