アーチ状の橋脚が印象的な西郷ダム
まるで古代ローマの水道橋のよう

左岸側に設置された魚道
さすがにこれは後付けだろうか

堤体上の狭い道路はクルマが通った形跡もあり
向こうに続く道はグダグダなんですが

堤体上から見た下流方向
溶岩のようなゴツゴツした岩だらけ

下を向いてもたいして迫力はなし
擁壁の端が半円じゃなく角丸というのは興味深い

堤体上から見た魚道
ここを登る魚の中の人も大変だな

上流側はのどかな農村の風景
70年間変化してないんじゃないだろうか

発電用取水口の水門とゲートメンテ用の線路
台車らしきものは発見できず