ダム名 戸崎ダム(とざきだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 小丸川/小丸川水系
所在地 宮崎県児湯郡木城町鹿遊国有林
着工年/完成年 1939年/1943年
用途 発電
堤高 25.0m
堤長 115.0m
堤体積 26,000m3
総貯水量 1,273,000m3
有効貯水量 724,000m3
ダム湖名 戸崎貯水池
耳川の上椎葉ダムや一ツ瀬川の一ツ瀬ダムなど、宮崎県は九州電力のエリア内で最も水力発電が盛んな地域です。そんな大規模ダムに挟まれたポジションの小丸川にも小規模ながら発電所が存在し、取水ダムもいくつか造られています。戸崎ダムは小丸川中流域の木城町内に設置された極小規模な発電用取水ダムです。
少し下流では現在小丸川揚水発電所の下部ダムの建設工事が行なわれており、完成した時に戸崎ダムが水没してしまうのかどうかは定かではありませんが、ダム建設に伴う付替道路は戸崎ダム地点で終わります。ここから先は急に細くクネクネとした道になり、険しい山道の色を濃くしていきます。付近には鹿遊という地名もあって、より「人の踏み込まない山奥感」を醸し出しています。
低く小さな堤体は道路から若干低い位置にあるので、クルマを停めて川を覗き込むようにしないと見えません。まず目に入ってくるのは向こう岸まで続く苔の生えた越流部、そして右岸寄りにコンジットゲートのような小さな設備が見えます。取水口も右岸側に設置されています。見た感じ下流の川原ダムより明らかに小さく、私は絶対取水「堰」だろうと判断したため写真は1枚だけしか撮影しませんでした。実際は川原ダムより高く、もちろん「ダム」だったわけで、帰ってきてから他のアングルの写真がないことを激しく後悔しました。ま、それほど撮影ポイントが多いわけでもないのですが・・・。
取水された水は直線距離にして約3km下流の石河内第2発電所に送られます。発電所は揚水発電の下部ダムより下流にあるので、戸崎ダムが水没を免れれば共存は可能なのですが、果たしてどうなるのでしょう。