ダム名 生坂ダム(いくさかだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 犀川/信濃川水系
所在地 長野県東筑摩郡生坂村
着工年/完成年 1957年/1964年
用途 発電
堤高 19.5m
堤長 108.4m
堤体積 25,000m3
総貯水量 2,070,000m3
有効貯水量 1,136,000m3
ダム湖名 生坂貯水池
生坂ダムは、犀川に連なる東京電力発電ダム群の中で最後に完成した堤高20mそこそこの小さなダムです。堤体は玉淀ダム(埼玉県)や赤尾ダム(富山県)などと同じ、ほとんどゲートと擁壁のみで構成されている巨大な取水堰タイプで、6門のローラーゲートがどっしりと水をキープしています。ちなみにこの6門のゲートうち左岸側の2門だけは他に比べて下に長く、排砂用として使われているのかも知れません。
堤頂部は車も通行できる道路になっているので自由に見学することができるようですが、当然見学などはまったく意識されていないのでそれほど見るべきところはありません。右岸側に発電用の取水口があり、水が流れ込んで行く様子を間近で見ることができます。しかし取材日は梅雨時で大雨の後だったせいか大量のゴミが流れ着いていて、ひどい悪臭を漂わせていました。
ダム周辺は、バイパスのトンネル開通によって国道から格下げになった道が通っているほかは特に何もありませんが、湖岸には水鳥公園などが設置され、バードウオッチング愛好の方々に親しまれているようです。