ダム名 美和ダム(みわだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 三峰川/天竜川水系
所在地 長野県上伊那郡長谷村非持
着工年/完成年 1952年/1959年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/灌漑用水/発電
堤高 69.1m
堤長 367.5m
堤体積 293,000m3
総貯水量 37,478,000m3
有効貯水量 25,544,000m3
ダム湖名 美和湖
美和ダムは、天竜川水系の三峰川(みぶがわ)に建設された堤高69mの重力式コンクリートダムで、主に下流の高遠町や伊那市の洪水調節と灌漑用水の確保、そして発電を目的として昭和34年に完成しました。
堤体は高さと比較して堤長が長く、中央よりやや左岸寄りに放流設備がまとめて設置されています。クレスト部に非常用洪水吐の巨大なラジアルゲートが1門、そしてその両脇を常用洪水吐のオリフィスラジアルゲートがガッチリ固めていて、また発電所用の表面取水設備をゲート類のすぐ左岸側に装備しています。ダム天端は自由に見学可能で、またダム直下には小さな公園も作られています。
現在、美和ダムはダム湖の堆砂を抑えるためのリフレッシュ工事が進められています。三峰川の上流域はもともと土砂の流出が多かったところで、そのため美和ダムも設計段階から通常より大きい堆砂容量を確保してあったのですが、予想以上の土砂の流入により堆砂容量はダム完成から数年で使い切ってしまい、現在では計画容量の2倍以上の堆砂に襲われているそうです。そこで、ダム湖上流に砂防のための堰を造ってそこからダムの下流までバイパストンネルを掘り、流れてきた土砂はダム湖に入れず直接下流に流してしまうという設備が建設されています。
自然の猛威により、その機能を奪われそうになったダムが本当に生き返るのか、今後の展開に注目したいと思います。ところで、土砂が流れる先にある高遠ダムはどうなるのでしょうか?