ダム名 裾花ダム(すそはなだむ)
ダム形式 アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名 裾花川/信濃川水系
所在地 長野県長野市大字小鍋字神白沖
着工年/完成年 1962年/1969年
用途 洪水調節、防災/上水道用水/発電
堤高 83.0m
堤長 211.2m
堤体積 131,000m3
総貯水量 15,000,000m3
有効貯水量 10,000,000m3
ダム湖名 裾花貯水池
裾花ダムは、長野市内で犀川に合流する裾花川に長野県が建設したアーチ式コンクリートダムで、長野市中心部を洪水から守り、また安定した上水の供給と発電の目的を持っています。
堤体は、自治体が建設したダムとしては珍しい大型のアーチダムで、放流設備はクレスト部に非常用洪水吐として3門のラジアルゲートを備え、下部に常用のコンジットゲートとしてローラーゲートを2門装備しています。上流面にはコンジットゲートの予備ゲートとしてキャタピラゲートも設置されています。また利水放流用にニードルバルブが1基、右岸側の堤体付近には発電用の取水塔もあります。
ダムサイト付近の裾花川は、両岸がほぼ鉛直に切り立った崖になっており、ちょうど川幅が狭くなる場所でもあるため、まさにアーチダムの建設にはうってつけだったと言えそうです。しかしこの流域一帯は土砂の流出が盛んで、ダム湖である裾花貯水池の水も取材日はチョコレートのような色で濁っていました。
裾花ダムは、基本的には一般に解放していないとのことなので、見学される場合は事前に管理所へ連絡しておいた方がよいでしょう。ダム湖にかかる国道406号線の裾花大橋からは、水をせき止める雄大なダムの背中(本当は正面ですが)を見ることができます。