ダム名 平ダム(たいらだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 犀川/信濃川水系
所在地 長野県更級郡大岡村
着工年/完成年 1953年/1957年
用途 発電
堤高 20.0m
堤長 87.8m
堤体積 17,000m3
総貯水量 3,033,000m3
有効貯水量 1,272,000m3
ダム湖名 平貯水池
松本と長野を結ぶ国道19号線沿いを流れる犀川には、東京電力の発電専用ダムがいくつも連なっています。平ダムはその中で上流から数えて2番目にあるダムで、堤高20mの小さな重力式コンクリートダムです。
上流の生坂ダムと同じく、堤体はほとんどローラーゲートとそれを支える擁壁のみで構成されています。5門並んだローラーゲートのうち、もっとも右岸側のゲートは上部がフラップのような構造になっている特徴的なものです。取材日は中央のゲートが少しだけ開けられ放流していました。ダムサイトは立入禁止で細かいディテールを確認することはできませんでしたが、ダムのすぐ下流に一般道路の橋が架かっているため、正面から思う存分眺めることができます。右岸側には発電用の取水口と発電所への流量調節用のローラーゲートが4門設置されています。
ダム周辺は、上流の生坂ダムと比較すると人家なども多少ありますが、基本的には何もない場所と言っていいでしょう。駐車場もありませんが、ダムのすぐ近くに広いスペースのバス停があるので、バスの邪魔にならないように駐車すれば車を降りて見学も可能です。