ダム名 高遠ダム(たかとおだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 三峰川/天竜川水系
所在地 長野県上伊那郡高遠町
着工年/完成年 1953年/1958年
用途 灌漑用水/発電
堤高 30.9m
堤長 76.1m
堤体積 21,000m3
総貯水量 2,310,000m3
有効貯水量 500,000m3
ダム湖名 高遠湖
桜の見所として全国的に有名な高遠城趾のすぐ脇に建設された高遠ダムは、灌漑用水の確保と発電を目的とした堤高約30m、堤長80m未満の小規模な重力式コンクリートダムです。スペックだけ見ると、どこにでもありそうな極小発電ダムといった印象ですが、実際に目にすると想像以上に立派なダムで、数字通りコンパクトな堤体ながらクレスト部に3門のラジアルゲートがダムの幅いっぱいに並んでいます。取水設備は左岸側に設置され、約10km下流の春近発電所に送られています。また河川維持用の表面取水設備が最近完成したようで、若干量放流されていました。ダム周辺は基本的に立入禁止のため近づくことはできませんが、ダムのすぐ下流に橋が架かっているので、そこからダムをじっくり観察することができます。ダムサイトはちょうど三峰川の川幅が狭くなったところで、見た目にも非常に効率の良さそうなダムであることが分かります。
周辺は高遠城趾公園をはじめとしてかなり観光地化されていて、ダム湖である高遠湖の湖畔には宿泊施設等もあるようです。桜の時期はかなりの人出らしいので、ダム見学以外に目的がないのなら、桜の時期は極力外した方が賢明でしょう。