ダム名 二瀬ダム(ふたせだむ)
ダム形式 アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名 荒川/荒川水系
所在地 埼玉県秩父郡大滝村大字大滝字大久保
着工年/完成年 1952年/1961年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/発電
堤高 95.0m
堤長 288.5m
堤体積 356,000m3
総貯水量 26,900,000m3
有効貯水量 21,800,000m3
ダム湖名 秩父湖
東京都民にはおなじみの荒川ですが、その最上流にダムがあるのはご存知でしょうか?二瀬ダムは、山深い奥秩父にある堤高95mのアーチ式コンクリートダムで、調査開始から約9年、着工からわずか4年で1961年に完成しました。
外観はやはり美しい放物線を描いたアーチが特徴で、また非常用洪水吐からの導流部はジャンプ台のような珍しい形状をしています。発電設備は右岸側のジャンプ台の下に設置されています。ゲートや階段など、金属部分がスカイブルーに塗装されていてアクセントになっています。

このダムのさらに上流、秩父湖に流れ込んでいる大洞川に「大洞ダム」という小さな発電用ダムがあるらしく探しに行ったのですが、道は鋪装されているものの荒れていて、ついには土石流が道を横切った跡も何箇所かあり、道が破壊されて危険だったので引き返して来ました。どなたか大洞ダムをご存知の方は情報をください。また、大洞ダムは堤高155mの多目的ダムとして生まれ変わる計画もあるようです。