ダム名 玉淀ダム(たまよどだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 荒川/荒川水系
所在地 埼玉県大里郡寄居町大字末野
着工年/完成年 1962年/1964年
用途 灌漑用水/発電
堤高 32.0m
堤長 110.0m
堤体積 37,000m3
総貯水量 3,501,000m3
有効貯水量 280,000m3
ダム湖名 玉淀湖
玉淀ダムは荒川本流の寄居付近に建設された、発電と灌漑の用途を持つ重力式コンクリートダムです。
堤体で目を引くのは6門並んだ巨大なローラーゲートでしょう。ほとんど堤体と同じ高さがあり、ドッシリと閉まって荒川の水をキープしています。普段はこのゲートは開かず、下流には発電所からの放流だけを流しているようですが(未確認)、ゲートの中には上端部にフラップを持つものがあるので、流入量が多い時などはこのゲートを越流させるのかも知れません。でもこの巨大なゲートが開いたところも見てみたいところですね。
荒川本流の、それもほとんど平坦な場所に造られているので、ダムによってできた玉淀湖は縦に長く、ダムの高さと比較して貯水量は非常に大きく驚きます。