ダム名 東荒川ダム(ひがしあらかわだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 東荒川/那珂川水系
所在地 栃木県塩谷郡塩谷町大字上寺島
着工年/完成年 1974年/1990年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/灌漑用水/上水道用水/発電
堤高 70.0m
堤長 276.0m
堤体積 210,000m3
総貯水量 6,100,000m3
有効貯水量 5,330,000m3
ダム湖名 東荒川湖
塩谷町東部に位置する東荒川ダムは、洪水調節や灌漑、上水道用水などの用途を持つ多目的ダムで、1990年に完成しました。
この付近のダムの中で最も大きい堤体は、堤頂部のほとんどが自然越流式の洪水吐になっていて、また上部と下部に放流口が設置されています。ダムには駐車場があり、堤体上も解放されていますが、ダム下流に通じる道には柵があり残念ながら立入禁止でした。いつも感じるのですが、ダムは下から見上げた光景が一番の魅力だと思うので、何とかダム下に通じる道も開放してほしいものです。
ダム湖である東荒川湖畔には、全国名水百選にも選ばれた尚仁沢湧水があります。取材日は平日でしたが、ペットボトルやポリタンクを持って水を汲みに来た人が大勢いました。