ダム名 川俣ダム(かわまただむ)
ダム形式 アーチ式コンクリートダム
河川名/水系名 鬼怒川/利根川水系
所在地 栃木県塩谷郡栗山村大字川俣字鬼怒泊
着工年/完成年 1957年/1966年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/発電
堤高 117.0m
堤長 131.0m
堤体積 147,000m3
総貯水量 87,600,000m3
有効貯水量 73,100,000m3
ダム湖名 川俣湖
川俣ダムは鬼怒川の最上流に造られた堤高117mのアーチ式コンクリートダムで、洪水調節や発電、水の安定供給などの用途を持ち1966年に完成しました。ただし現在、堤体付近は工事中で立ち入るどころか近付くことすらできず、詳しく見ることはできませんでした。
上から少しだけ見えた堤体とデータから川俣ダムの特徴を推測すると、堤体には非常用洪水吐として6門のクレストゲートを持ち、下部には常用洪水吐のバルブがいくつか設置されているようです。また建設地点は非常に急峻なV字谷で、堤高117mに対して堤頂長は131mと短く、この規模のアーチダムとしては円弧の半径が小さいような感じがします。
工事は間もなく終了するようなので、今度は堤体をじっくり調査してこようと思っています。