ダム名 栗山ダム(くりやまだむ)
ダム形式 センターコア型ロックフィルダム
河川名/水系名 ネベ沢川/利根川水系
所在地 栃木県今市市大字佐下部字平田岳
着工年/完成年 1978年/1991年
用途 発電
堤高 97.5m
堤長 340.0m
堤体積 2,517,000m3
総貯水量 7,070,000m3
有効貯水量 6,200,000m3
ダム湖名 栗山調整池
今市市と栗山村の境の山の上に造られた栗山ダムは、東京電力の今市揚水発電所の上池として建設された堤高97.5mのロックフィルダムです。下池は今市市の砥川上流に設置された今市ダムで、最大出力105万kwの発電能力があります。
山道を延々と登り、牧場の中を通り、トンネルを抜けるとダムの下に出ます。そこは駐車場を兼ねた広場のようになっていますが、ダムのほかにはトイレしかありません。堤体の周辺はベンチや遊歩道などがあり、いちおう公園として整備されています。
堤体上に通じると思われる道には柵があり「関係者以外立入禁止」の看板があったため諦めて帰ってきたのですが、あとでよく調べると堤体上に通じる遊歩道があるそうです。というわけで今回は堤体の写真しか撮影できませんでしたが、そのうち再訪してほかのダム設備の撮影をしてくるつもりです。