ダム名 西荒川ダム(にしあらかわだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 西荒川/那珂川水系
所在地 栃木県塩谷郡塩谷町大字上寺島字柄沢
着工年/完成年 1962年/1967年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水
堤高 43.5m
堤長 116.0m
堤体積 41,000m3
総貯水量 4,300,000m3
有効貯水量 3,500,000m3
ダム湖名 東古屋湖
荒川という名前の川は、その名の通りどれも大雨が降ると荒れて洪水被害を出すことが多いようです。栃木県の荒川支流にも2つの洪水調節用ダムがありますが、そのうちの1つが西荒川に建設されたこの西荒川ダムです。
堤体は中央に2門のローラーゲートを持ち、重力式コンクリートダムとしては最もポピュラーなデザインと言えます。残念ながら堤体は立入禁止で、ダム脇を通る道からしか見ることができなかったので、コンジットゲート等は確認できませんでした。
ダム湖である東古屋湖では鱒やヘラブナなどの釣りが盛んで、大会なども開催されているようです。