ダム名 塩原ダム(しおばらだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 箒川/那珂川水系
所在地 栃木県那須郡塩原町大字関谷字西山
着工年/完成年 1969年/1978年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/灌漑用水
堤高 60.0m
堤長 240.0m
堤体積 115,000m3
総貯水量 8,760,000m3
有効貯水量 5,760,000m3
ダム湖名 塩原湖
塩原ダムは、温泉街で有名な塩原町を流れる箒川に栃木県によって建設された重力式コンクリートダムで、洪水調節や灌漑用水などの目的を持っています。
堤体を下流側から見られる場所はほとんどなく、堤頂部も立ち入り禁止のために詳しい形状は分かりませんでしたが、クレスト部に非常用洪水吐と思われる黄緑色のラジアルゲートが2門、間をあけて並んでいます。
右岸側は水際まで公園になっていて、駐車場やレストハウスなども建っています。また、ダム湖の上には無補剛桁歩道吊橋として日本一長いもみじ谷大吊橋(全長320m)のほか、回顧の吊橋など何本かの吊り橋が架かっています。