ダム名 成出ダム(なるでだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 庄川/庄川水系
所在地 富山県東砺波郡上平村成出
着工年/完成年   年/1951年
用途 発電
堤高 53.2m
堤長 190.0m
堤体積 103,000m3
総貯水量 9,709,000m3
有効貯水量 3,186,000m3
ダム湖名 成出貯水池
成出ダムは庄川に建設された関西電力発電ダム群の四男で、富山県と岐阜県の県境が入り組んだ山中に設置されています。堤体は重力式コンクリートダムで、クレスト部に黒く塗装されたラジアルゲートが並ぶという、この庄川における関西電力発電専用ダムの遺伝子を忠実に受け継いでいます。取水口は右岸側に設置され、導水管で山の向こう側へ水を落としています。
このダムはすぐ下流を国道の橋が横切っているので、橋の上に立てば山々に囲まれて佇むダムの姿を正面から見ることができます。ダムサイトは立入禁止になっていて少し残念ですが、左岸側にあるダム管理所に通じる道を通ればダムのすぐ脇まで近付くことができます。デザイン的には一時代前といった感じですが、最近のダムにはない独特のやわらかな美しさを持っていると思うのは私だけでしょうか。
ちなみに成出ダムと併設する成出発電所は、第二次大戦に敗戦した日本においてGHQ下で初めて建設が認可された発電所のうちのひとつで、戦後関西電力が発足して最初に完成した発電所であるという歴史を持っているそうです。