ダム名 木地山ダム(きぢやまだむ)
ダム形式 中空重力式コンクリートダム
河川名/水系名 置賜野川/最上川水系
所在地 山形県長井市寺泉樋沢
着工年/完成年 1957年/1960年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/発電
堤高 46m
堤長 168.2m
堤体積 62,000m3
総貯水量 8,200,000m3
有効貯水量 6,400,000m3
ダム湖名 木地山貯水池
木地山ダムは、長井市内を流れて最上川に合流している野川の上流部に山形県が建設した、治水と発電の目的を持つ中空重力式コンクリートダムで、1960年に完成しました。
このダムへ到達する道のりは、私が今までダムめぐりで通った(通行可能な)道の中でも1、2を争うほどの厳しさで、「すれ違いが絶対不可能」と書いた山梨県の柿本ダムへの道よりもさらに細い、ところによっては柵もないような道が10km以上続きます。この間民家なども1軒もないので、運転には細心の注意が必要です。通行する車がほとんどないのが不幸中の幸いで、ダムへの往復で私は1度もすれ違いをすることなく走り切ることができました。
木地山ダムは堤高46mと小型ながら堤体はかなり立派に見えます。中空重力式特有のちょっと膨らんだように見える堤体が特徴で、放流設備はクレスト部中央にラジアルゲートが2門設置されています。そのほか右岸側に発電用の取水口が見える以外、特に目立った設備は見当たりません。堤頂部はさらに上流へ向かう道になっていますが、付近には駐車スペースがほとんどないため、車を停めて見学するには多少神経を使います。左岸側には管理所と思われる建物がありますが、おそらく普段は無人で運転しているものと思われます。この管理所の屋根がまさに雪国のそれで、冬期の厳しさを思わせます。