ダム名 寒河江ダム(さがえだむ)
ダム形式 センターコア型ロックフィルダム
河川名/水系名 寒河江川/最上川水系
所在地 山形県西村山郡西川町大字砂子関
着工年/完成年 1972年/1990年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/灌漑用水/上水道用水/発電
堤高 112.0m
堤長 510.0m
堤体積 10,350,000m3
総貯水量 109,000,000m3
有効貯水量 98,000,000m3
ダム湖名 月山湖
東北地方を代表するロックフィルダムの寒河江ダムは、最上川流域の洪水調節や灌漑、上水道用水の確保、発電等を目的として建設され、平成2年に完成しました。堤高112m、堤長510mと巨大で、堤体積は日本の既存ダムとしては奈良俣ダム、高瀬ダムに次いで3番目の大きさです。
堤体は若干アーチ状をしていて、リップラップは凹凸がなく非常にスッキリとしています。堤体の右岸側には巨大な放流設備が設置されていて、クレスト部に非常用洪水吐のラジアルゲート2門とダム用としては国内で初めて採用されたフラップゲートが4門、常用洪水吐のオリフィスゲートとして高圧ラジアルゲート2門と補助用高圧ローラーゲート2門を装備しています。そのほか、発電と利水を兼用している選択取水設備が湖の右岸側にあり、そこから発電所と放流バルブへ導水されます。
冒頭にも書いた通り、東北を代表するダムだけあってダムサイトは超広大で、ダム周辺はかなり整備されている印象です。管理所の隣には道の駅があるので駐車場も十分に用意されています。堤体上や洪水吐部分はほとんど解放され、自由に見てまわることができます。湖畔も遊歩道などが設置されているので、ダムが目的でない人でも十分に楽しめる場所と言えるでしょう。逆にダムを見に行く場合、駐車場から堤体までがかなりの距離のため少々大変です。堤体の下はスポーツ広場となっていて、パターゴルフやテニスコート等があるようです。
ダム湖である月山湖には、日本一で世界でも4番目の高さの噴水が設置され、毎日1時間ごとに美しい水の柱を見ることができます。