ダム名 大門ダム(だいもんだむ)
ダム形式 重力式コンクリートダム
河川名/水系名 大門川/富士川水系
所在地 山梨県北巨摩郡須玉町大字上津金
着工年/完成年 1968年/1987年
用途 洪水調節、防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水/発電
堤高 65.5m
堤長 180.0m
堤体積 177,000m3
総貯水量 3,600,000m3
有効貯水量 2,350,000m3
ダム湖名 清里湖
関東地方を代表する一大リゾート地、清里を抱える高根町と須玉町の境に建設された多目的ダムが大門ダムです。主な用途は洪水調節と上水道用水の確保で、ここの水は清里地域の水道をほぼカバーしています。
堤体はクレスト部のほとんどを自然越流式の非常用洪水吐が占めるタイプで、中規模の多目的ダムではよく目にするデザインです。そのほか常用洪水吐としてオリフィスゲートとコンジットゲートをそれぞれ1門ずつ備えています。構造の違う2門のゲートを並べて配置してある堤体中央部はやや凝ったデザインに仕上がっています。
ダム湖である清里湖畔には駐車場もあり観光地の一つとして位置付けられているようですが、国道から外れている上に大きな看板等も出ていないので、ここを通る人は地元の人か、混雑する国道を回避して抜け道として利用する人がほとんどのようです。