ダム名 大野ダム(おおのだむ)
ダム形式 アースダム
河川名/水系名 谷田川/相模川水系
所在地 山梨県北都留郡上野原町
着工年/完成年 1910年/1914年
用途 発電
堤高 37.3m
堤長 309.1m
堤体積 352,000m3
総貯水量 1,692,000m3
有効貯水量 467,000m3
ダム湖名 大野貯水池
山梨県の東端に位置する上野原町の大野ダムは、1914(大正3)年に東京電力の前身である東京電燈株式会社によって建設された、非常に歴史のある発電専用ダムです。
ダムに貯えられた水は約4km下流にある八ツ沢発電所に送水され、合計4台の発電機によって最大出力42,000kwの発電が行なわれています。現在でこそ目立った数値ではありませんが、完成当時は東洋一の規模の発電所でした。当時の電力需要は夜間の照明が主で、現在の揚水発電とは逆に昼間水を貯めて夜間に発電していたという、時代を感じさせるエピソードもあります。
周囲は遊歩道などがあり、湖の周囲はちょうど満開の桜で覆われていて地元の人々が大宴会の真っ最中でした。ダム脇の丘の上には展望台があり、湖を一望できるスポットになっています。